外国人技能実習生受入サービスの特徴

jisshusei_img1

信頼できる現地機関とのネットワーク

現地の信頼のおける公益団体の推薦を受けた人材と企業との良好なマッチングをサポートいたします。 現在は、親日的な若年層が多く日本からの距離も近い東南アジアを中心に注力していますが、ご希望の国がありましたらお気軽にご相談ください。 以下の図に示されるようなシステムで各国の送出し機関、公共機関等のネットワークを活かして優良な人材を招聘いたします。
network


人材フィルタリングシステム

・採用募集先は現地において帰国後の就労の先をフォローする力の持つトップクラスの人材エージェント ・数度の試験・面談を通じたアイフォースの持つ独自のフィルタリング方法と現地公益団体とのネットワークを活かし、現地から優良な人材の獲得が可能です。これにより、受け入れた企業が、国際展開を測るときに、技能実習制度の目的である技術移転という最大の特徴を活かすことができます。 人材をフィルタリングする場合、事前に人材受け入れ予定企業から性別、年齢、受け入れ希望職種、職務経験等の様々な希望をヒアリングした上で、当機構が提携現地送り出し機関と連携し、現地での募集を行います。 現地での募集に応じた人材から現地人材送り出し機関の厳正な書類選考やテスト等を経て、受け入れ人数を絞りこみます。 当機構は、日本での受け入れを予定している人だけに注目はしません。提携先現地人材エージェントとアイフォースのスタッフが実際にその人の自宅を訪問し、家族やその地域での状況を調査し面会をします。大切な家族を外国に送出す側の家族や周囲の方との信頼関係の構築は必要不可欠です。


日本語・文化教育プログラム

アイフォースが提供する「日本人的人材」の教育に加え、iJC(iforce Japanese Language Center)は様々な研修プログラムを開発しています。各種製造専門家(元製造管理者等)における生産性向上などの教育、技能者、技術者に専門・特化した日本語教育、日本の技術・グローバル展開(技術流出に関する危機管理等)の考え方などの教育を行います。

受講者に対して親身に対応し、必要な教材を厳選し、人とのふれあいを大事にした人材になることに重点を置いた育成プログラムで技能・技術習得の為の寺子屋式の基礎教育を行っています。

1:日本文化や習慣を知り日本を好きになる。
2:日本語による上手なコミュニケーションができる。
3:日本でのルールやマナーを理解し守ることができる。
4:協調性を身に着け、助け合う広い心を持つ。
5:技能・技術を身につける責任感を持つ 。

このような人材育成を常に目指しています。

jisshusei_img3


入国後のサポート

滞在中の様々なトラブルに対応し、解決をサポートします。24時間体制での対応や事前にフォローすることで問題が起こることを防ぎます。


サービスバリューチェーン

人選から日本でのフォロー、また帰国後の活用まで一気通貫してサポートしております。 特にアイフォースは、帰国した技能実習生が日本で学んだ技術を活かして現地での就業に結びつくように、アイフォースの理念に則り、様々な取り組みを行っております。

jisshusei_img4


技能実習生受入れに関するお問い合わせ先

担当 :キャリア開発本部 事業推進部
Email: info@iforce.or.jp
Tel: 03-6435-3021