0%
03-6435-3021
お問い合わせ
03-6435-3021
お問い合わせ

iJC(iforce Japanese Language Center)

iJCの目的

ディーゼントワークへの架け橋に

iforce・iJCは、「ディーセントワーク(注)実現のための技能実習」を事業目的として、独自のカリキュラムにより外国人技能実習生(以下、「実習生」)の入国時集合講習を実施しています。

技術・技能習得の前提である基礎的人材育成を行います。
目指すのは、実習生、実習実施者、実習生の派遣地域・国の成長・発展です。

(注)ディーセントワーク:「働き甲斐のある人間らしい仕事」 国際労働機関(ILO)1999年第87回総会で提唱された。
1.日常生活のみならず、長期にわたる実習期間においても円滑なコミュニケーションがとれ、技術・技能習得に有用な日本語を、資格を持ったプロの日本語教師が指導します。

2.従来利用されている公的支援(消防署及び警察署)だけではなく、実習生の今後の技術・技能習得のため、必要な公的支援(国際交流センター、保健所等)の場を常に開拓しています。

3.各種イベントや戸外研修等を通して、日本との国際交流、在留中サポートに係る人間関係の構築、日本を忘れない思い出づくり、感謝する心を大切にする人材を育成します。

iJCの特徴

教材・教授法の開発

iforceでは、実習での使用のみを目的とせず、帰国後も長く使い続けられるよう、継続的かつ意欲的に能力を伸ばせる日本語教育を目指しています。

また、短期間で習得できるよう配慮したわかりやすい教材の作成、長年蓄積された教育ノウハウ等を活用し、独自の日本語教授法を開発しています。

iJCの目的

ディーゼントワークへの架け橋に

iforce・iJCは、「ディーセントワーク(注)実現のための技能実習」を事業目的として、独自のカリキュラムにより外国人技能実習生(以下、「実習生」)の入国時集合講習を実施しています。

技術・技能習得の前提である基礎的人材育成を行います。
目指すのは、実習生、実習実施者、実習生の派遣地域・国の成長・発展です。

iJCの特徴

1.日常生活のみならず、長期にわたる実習期間においても円滑なコミュニケーションがとれ、技術・技能習得に有用な日本語を、資格を持ったプロの日本語教師が指導します。

2.従来利用されている公的支援(消防署及び警察署)だけではなく、実習生の今後の技術・技能習得のため、必要な公的支援(国際交流センター、保健所等)の場を常に開拓しています。

3.各種イベントや戸外研修等を通して、日本との国際交流、在留中サポートに係る人間関係の構築、日本を忘れない思い出づくり、感謝する心を大切にする人材を育成します。

教材・教授法の開発

iforceでは、実習での使用のみを目的とせず、帰国後も長く使い続けられるよう、継続的かつ意欲的に能力を伸ばせる日本語教育を目指しています。

また、短期間で習得できるよう配慮したわかりやすい教材の作成、長年蓄積された教育ノウハウ等を活用し、独自の日本語教授法を開発しています。

Access

〒277-0941
千葉県柏市高柳1402-5
TEL: 04-7190-5615
FAX: 04-7190-5676
東武野田線(東武アーバンパークライン)高柳駅から徒歩15分

iJCに関するお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください
※東京本部が窓口となります